telephe_entry.gif

2013年05月21日

メール返信の間隔を遅らせる

こんにちは。
テレフォンレディーのSです。

本日は、お仕事でもプライベートでもとても役に立つメールテクニックをご紹介します。
テレフォンレディーのお仕事は通話だけじゃなくてメールでのお仕事もあるのですが、多くのお客様にメールをしようと返信をササッとしてしまいがちですが、実はこれアウトなんです。

男性は基本的に話題を作ったり会話ネタを広げるのが下手な人が多いので、メールを早く返信しすぎると、メールを途切れさせるきっかけになってしまうのです。
また、メールそのものが面倒くさいと思っているのが男心で、自分のペースで適度に返信したいという心理があるので、出来るだけ返信の間隔は少し長めに取ったほうがいいんです。
ただ、他にも返信が遅めの方が良い理由があります。

人は、メールが何度も返ってくるとそれが当然の事のように感じて慣れる性質があります。 今まで一定の間隔1時間に一通程度だったのが、次第に2時間、3時間、1日に一通というペースへと間隔を延ばしていくと、相手は不安に陥ります。
「前までは早く返事くれたのに、嫌われちゃったのかな」と疑心暗鬼になってしまうみたい。

しかし、このように相手に悩ませる事が男を落とす心理テクニックなのです。
「あの子からメール来ないな」と考えている時間はずっとその女性の事を考えています。 そして人間は考えている時間、心理学でいう自我関与の割合が増えると、好意が勝手に膨らんでいきます。

これは片思い中に妄想を繰り返して胸がときめくような状況とよく似ています。つまり、メールの間隔は初めは早めに返事をして、その後に少しずつゆっくり返信を遅くしていくと心理的に心惹かれてしまうというわけです。

好きな相手に、好かれているか嫌われているか悩ませるのがモテる女性の男を落とす方法のミソです。



テレフォンレディ募集のオススメサイト
モバジョブさん

オススメ記事
オススメお仕事サイト!
スマートフォンでマシェモバ登録手順
スマートフォンでFromc登録手順
タグ:アドバイス
posted by 携帯嬢S at 10:00| テクニック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
全記事一覧ページはコチラから

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。